iHerbグルコサミン&コンドロイチン特集 主要製品を簡単比較でご紹介(2016年2月時点)

iHerbグルコサミン&コンドロイチン特集 主要製品を簡単比較でご紹介 2016年2月時点

ここではiHerbで手に入るグルコサミン&コンドロイチンのうち主要な製品についてご紹介します。

グルコサミン&コンドロイチンは主として関節痛、腰痛対策に効果のあるサプリメントです。両成分とも関節を構成する軟骨をサポートする成分です。グルコサミンは軟骨を生成する際に必要な原料、コンドロイチンは軟骨を滑らかに保ち、軟骨の減少を低下させる効果があると考えられています。また、この2成分に加えて、炎症を抑える効果があるMSM(メチルスルフォニルメタン)を加えるパターンが、アメリカで最も人気のあるグルコサミン&コンドロイチンサプリのレシピです。この特集では次のカテゴリーで各製品を紹介していきます。

・カテゴリー1 グルコサミン+コンドロイチン+MSMが配合されたサプリメント

・カテゴリー2 グルコサミン+コンドロイチンが配合されたサプリメント

・カテゴリー3 グルコサミン単成分のサプリメント

・カテゴリー4 グルコサミン+MSMが配合されたサプリメント

2016年2月14日最終更新。

評価点等の見方

CP値(コストパフォーマンス値)
CP値が低いほど高コストパフォーマンスです。CP値の算出方法ですが、まずグルコサミン、コンドロイチン、MSMの単体サプリメントの売価を基準として各製品の評価額を用意しました。次に評価額を各製品の販売価格で割った数値をCP値として記載しています。たとえば、評価額が10ドル(1140円)のところ、販売価格が8ドル(912円)であればCP値は0.8となります、逆に販売価格が12ドル(1368円)であればCP値は1.2となります。評価基準とした単体サプリはグルコサミン硫酸塩がNow Foods、グルコサミン塩酸塩がNow Foods、N-アセチルグルコサミンがJarrow Formulas、コンドロイチンがNow Foods、MSMがDoctor’s Bestです。

一日あたりのコスト
グルコサミン1500mg、コンドロイチン1200mgを平均的な一日分の摂取量として費用を算出しました。ドルベースの金額です。

(注)評価等は当サイト管理者の独断と偏見によるものですので最終的な製品購入のご判断はユーザ様ご自身で行ってください。

(各製品に対するコメントはページ下部に記載しています)

カテゴリー1 グルコサミン+コンドロイチン+MSM

 1. Doctor’s Best, Glucosamine Chondroitin MSM, 240 Capsules   CP 0.69  一日あたりコスト 0.42ドル(48円)
 2. 21st Century Health Care, Glucosamine & Chondroitin, 120 Tablets   CP 0.82   一日あたりコスト 0.44ドル(50円)
 3. Solgar, Glucosamine Chondroitin MSM With Ester-C, 180 Tablets  CP 0.96  一日あたりコスト 0.56ドル(64円)
 4. Jarrow Formulas, Glucosamine + Chondroitin + MSM Combination, 240 Capsules    CP 0.86  一日あたりコスト 0.5ドル(57円)

 5. Now Foods, Glucosamine & Chondroitin with MSM, 180 Capsules   CP 0.83  一日あたりコスト 0.58ドル(66円)
 6. Source Naturals, Glucosamine Chondroitin Complex with MSM, 120 Tablets  CP 1.06  一日あたりコスト 0.64ドル(73円)

(参考)DHC 極らくらく
 CP 2.37  一日あたりコスト 0.49ドル(56円)

カテゴリー2 グルコサミン+コンドロイチン

 1. 21st Century Health Care, Glucosamine 750 mg Chondroitin 600 mg, Triple Strength, 150 (Easy Swallow) Tablets   CP 0.67  一日あたりコスト 0.38ドル(43円)
2. Country Life, Gluten Free, Glucosamine Chondroitin Formula, 180 Capsules   CP 1.14  一日あたりコスト 0.58ドル(66円)

 3. Now Foods, Glucosamine & Chondroitin, Extra Strength, 240 Tablets   CP 0.76  一日あたりコスト 0.42ドル(48円)
 4. Jarrow Formulas, Glucosamine + Chondroitin Combination, 240 Capsules    CP 0.81  一日あたりコスト 0.46ドル(52円)
 5. Source Naturals, Extra Strength, Glucosamine Chondroitin, 120 Tablets   CP 0.85  一日あたりコスト 0.47ドル(54円)
 6. 21st Century Health Care, Glucosamine & Chondroitin, Original Formula, 120 Easy Swallow Capsules   CP 0.94  一日あたりコスト 0.53ドル(60円)
(参考)サントリー グルコサミン&コンドロイチン(定期お届けコース) CP 7.36  一日あたりコスト 0.93ドル(106円)
(参考)世田谷自然食品 グルコサミン&コンドロイチン(定期お届けコース) CP 8.88  一日あたりコスト 1.13ドル(129円)

カテゴリー3 グルコサミン

 1. Jarrow Formulas, N-A-G, 700 mg, 120 Veggie Caps  一日あたりコスト 0.12ドル(14円)
 2. Now Foods, Glucosamine ‘1000’, 180 Capsules   一日あたりコスト 0.16ドル(18円)

カテゴリー4 グルコサミン + MSM

 1. Now Foods, Glucosamine & MSM, Vegetarian, 120 Vcaps  CP 0.53 一日あたりコスト 0.23ドル(26円)

 

<カテゴリー1> グルコサミン+コンドロイチン+MSM

冒頭にも記載しましたようにアメリカでもっとも一般的な形態が「グルコサミン+コンドロイチン+MSM」の組み合わせです。多くの臨床試験で「グルコサミン+コンドロイチン」のみの組み合わせよりも効果があると判定されています。

 1. Doctor’s Best, Glucosamine Chondroitin MSM, 240 Capsules   CP値 0.69  一日あたりコスト 0.42ドル(48円)

(一日あたり4錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg・MSM 1000mg

iHerbのグルコサミン&コンドロイチン部門で不動の売上一位を誇る製品です。他の製品よりもかなり多めのMSMが含まれていますがコストは抑えめです。2位の製品と比べるとグルコサミンは「グルコサミン硫酸塩」であり成分としてやや劣りますが、MSMは2位の製品が1日あたり500mgのところ、こちらの製品は1000mg配合されていますので、MSMの配合量を重視される方にはこちらをお勧めします。コストパフォーマンスは他製品と比べると頭一つ抜けた最高レベルです。 商品はこちらより

 2. 21st Century Health Care, Glucosamine & Chondroitin, 120 Tablets   CP値 0.82   一日あたりコスト 0.44ドル(50円)

(一日あたり3錠に含まれる配合成分) グルコサミン塩酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg・MSM 500mg

今回ご紹介している他の競合製品と異なるのはグルコサミンに「グルコサミン塩酸塩」を採用している点です。他製品がグルコサミンとして採用している 「グルコサミン硫酸塩」よりも1.3倍から1.5倍程度、体内への吸収効率が高いと言われている成分です。コストパフォーマンスも高く、一日あたりの費用 も最低クラスです。おすすめです。 商品はこちらより

 3. Solgar, Glucosamine Chondroitin MSM With Ester-C, 180 Tablets  CP値 0.96  一日あたりコスト 0.56ドル(64円)

(一日あたり3錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg・MSM 700mg

一般的な製品と比べるとMSMの配合は多いですが、1位の製品と比べるとやや少なく、コスパもやや悪くなっています。ビタミンCも配合されいますが、ごく少量のためあまり大きな要素にはならないと思われます。 商品はこちらより

 4. Jarrow Formulas, Glucosamine + Chondroitin + MSM Combination, 240 Capsules    CP値 0.86  一日あたりコスト 0.5ドル(57円)

(一日あたり4錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg・MSM 300mg

こちらもiHerbでの人気は高い商品です。ただ、MSMの配合量が一般的な製品よりも少なくなっています。 商品はこちらより

 5. Now Foods, Glucosamine & Chondroitin with MSM, 180 Capsules   CP値 0.83  一日あたりコスト 0.58ドル(66円)

(一日あたり4錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1466mg・コンドロイチン硫酸 1600mg・MSM 400mg

メーカー推奨の一日の服用量(3錠)ではグルコサミンが1100mgしか摂れないため、一日4錠服用として一日あたりの費用を算出しました。メーカー推奨の3錠では成分の配合量が少ないですし、他ブランド並の配合量にするために4錠服用するとなるとコスパが悪いです。 商品はこちらより

 6. Source Naturals, Glucosamine Chondroitin Complex with MSM, 120 Tablets  CP値 1.06  一日あたりコスト 0.64ドル(73円)

(一日あたり3錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg・MSM 800mg

成分の配合量は多いですが、少しコスパが悪いです。グルコサミン&コンドロイチン&MSM以外にビタミンCとモリブデンを配合しています。 商品はこちらより

(参考)DHC 極らくらく CP値 2.37  一日あたりコスト 0.49ドル(56円)

(一日あたり6錠に含まれる配合成分) グルコサミン塩酸塩 1320mg・コンドロイチン硫酸 150mg・MSM 540mg

こちらは参考情報です。日本のメーカーの中では比較的良心的な配合/価格のDHCさんです。グルコサミンに「グルコサミン塩酸塩」を採用し、一日分(6錠)あたり1320mgを配合、またMSMは540mgを配合・・とここまでは普通に良いのですが、コンドロイチンが150mgしか配合されていません。これはiHerbで販売されている一般的なグルコサミン&コンドロイチンの水準と比較すると約8分の一です。その結果、一日あたりの費用でみるとリーズナブルですが、CP値はiHerbの競合製品と比べて倍以上悪くなっています。原価ベースで3つの成分を比較した場合、コンドロイチンがとびぬけてコストが高いため、日本のメーカーはコンドロイチンの配合量を少なくする傾向にあるようです。ただ、それでもDHCさんはかなり良心的な部類に入ります。

 

 <カテゴリー2> グルコサミン+コンドロイチン

 基本的な組み合わせです。現在ではグルコサミン、コンドロイチンにMSMを加えるタイプが主流ではありますが、この組み合わせも根強い支持があります。

 1. 21st Century Health Care, Glucosamine 750 mg Chondroitin 600 mg, Triple Strength, 150 (Easy Swallow) Tablets   CP 0.67  一日あたりコスト 0.38ドル(43円)

(一日あたり2錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg

「グルコサミン硫酸塩」とコンドロイチンだけを含むシンプルな成分構成ですが、その代わりに素晴らしいコストパフォーマンスを実現しています。60錠入り300錠入りのパッケージも販売されています。

 2. Country Life, Gluten Free, Glucosamine Chondroitin Formula, 180 Capsules   CP 1.14  一日あたりコスト 0.58ドル(66円)

(一日あたり3錠に含まれる配合成分) N-アセチルグルコサミン 500mg・グルコサミン塩酸塩 500mg・グルコサミン硫酸塩 500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg

すこしコストパフォーマンスが悪くなりますが、成分が工夫されており、グルコサミン1500mgのうち「グルコサミン硫酸塩」に加えて、「グルコサミン塩酸塩」が500mg、「N-アセチルグルコサミン」が500mg配合されています。「グルコサミン塩酸塩」は「グルコサミン硫酸塩」の1.3倍~1.5倍、「N-アセチルグルコサミン」は「グルコサミン硫酸塩」の2倍~2.5倍ほど体内への吸収効率が高いと考えられています。こういった組み合わせで販売されている製品は今のところ本品だけになりますので、少しコストに余裕を持てるユーザの方にははおすすめできる製品だと思います。 商品はこちらより

 3. Now Foods, Glucosamine & Chondroitin, Extra Strength, 240 Tablets   CP 0.76  一日あたりコスト 0.42ドル(48円)

(一日あたり2錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg

昔から販売されている非常にベーシックな製品です。「グルコサミン硫酸塩」とコンドロイチンの組み合わせです。 商品はこちらより

 4. Jarrow Formulas, Glucosamine + Chondroitin Combination, 240 Capsules    CP 0.81  一日あたりコスト 0.46ドル(52円)

(一日あたり4錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mgコンドロイチン硫酸 1200mg

「グルコサミン硫酸塩」とコンドロイチンに加えてポタシウムが配合されています。ポタシウムは筋肉の働きをよくすると考えらえている成分です。 商品はこちらより

 5. Source Naturals, Extra Strength, Glucosamine Chondroitin, 120 Tablets   CP 0.85  一日あたりコスト 0.47ドル(54円)

(一日あたり2錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg

こちらも「グルコサミン硫酸塩」とコンドロイチンの組み合わせです。他にビタミンC、マンガン、モリブデンを配合しています。 商品はこちらより

 6. 21st Century Health Care, Glucosamine & Chondroitin, Original Formula, 120 Easy Swallow Capsules   CP 0.94  一日あたりコスト 0.53ドル(60円)

(一日あたり6錠に含まれる配合成分) グルコサミン硫酸塩 1500mg・コンドロイチン硫酸 1200mg

残念ながら成分、コストパフォーマンスともにこれといって特筆すべきものはないのですが、容量が少ないためグルコサミン&コンドロイチンの製品としては低価格であり、初めてグルコサミン&コンドロイチンを試してみようという方には始めやすい製品だと思います。 商品はこちらより

(参考)サントリー グルコサミン&コンドロイチン(定期お届けコース) CP値 7.36  一日あたりコスト 0.93ドル(106円)

(一日あたり6錠に含まれる配合成分) グルコサミン 1200mg・コンドロイチン ??mg

こちらは参考情報です。サントリーさんのグルコサミン&コンドロイチンですが、まず成分表示に問題があります。まずグルコサミンの成分由来の表記がありません。コンドロイチンに至っては「サメ軟骨抽出粉末 300mg」とだけ記載があり、コンドロイチンの実体がどの程度含まれているかの記載がありません。成分の配合バランスから言っても「グルコサミン&コンドロイチン」というよりは「グルコサミン&プラスアルファ」といったほうが良いかと思います。次に大事なコストですが・・・CP値を見れば一目瞭然かと思います。2015年7月時点で一般的な米国製品の7倍以上の値段で販売しているという事になります。(コンドロイチンはサメ軟骨抽出粉末の20%程度と仮定してコストを算出しました)

(参考)世田谷自然食品 グルコサミン&コンドロイチン(定期お届けコース) CP値 8.88  一日あたりコスト 1.13ドル(129円)

(一日あたり8錠に含まれる配合成分) グルコサミン 1200mg・コンドロイチン 60mg

こちらは参考情報です。CMなどで有名な世田谷自然食品さんのグルコサミン&コンドロイチンです。サントリーさんの製品とほぼ同じ内容です。グルコサミンの詳細成分の表記は無し、コンドロイチンはほんの微量しか含まれていません。コストパフォーマンスも悪すぎます。

 <カテゴリー3> グルコサミン

グルコサミンとコンドロイチンをご紹介してきましたが、コンドロイチンはグルコサミンからも生成される成分であるためグルコサミンだけを摂取すればよいという考え方もあります。ここではグルコサミンの単成分サプリメントをご紹介します。なおCP値は単成分サプリと複合成分サプリのコスト比較で算出していた関係でこのカテゴリーでは省略させていただきます。

 1. Jarrow Formulas, N-A-G, 700 mg, 120 Veggie Caps  一日あたりコスト 0.12ドル(14円)

(一日あたり1錠に含まれる配合成分) N-アセチルグルコサミン 700mg

「N-アセチルグルコサミン」の単体サプリメントです。「N-アセチルグルコサミン」は「グルコサミン硫酸塩」の3倍ほど体内への吸収効率が高いと言われています。グルコサミンの一日摂取量の目安1500mgは「グルコサミン硫酸塩」をベースに考えられていますので、このサプリメントの1日あたりコストはメーカー推奨通り、1錠(700mg)のコストをそのまま記載しています。どの製品を選んだらよいかよく分からない方にはこの製品をお勧めします。 商品はこちらより

 2. Now Foods, Glucosamine ‘1000’, 180 Capsules   一日あたりコスト 0.16ドル(18円)

(一日あたり2錠に含まれる配合成分) グルコサミン塩酸塩 2000mg

「グルコサミン塩酸塩」の単体サプリメントです、「グルコサミン硫酸塩」の1.3倍~1.5倍ほど体内への吸収効率が高いと言われています。こちらの製品もコスパが良く、おすすめです。 商品はこちらより

 <カテゴリー4> グルコサミン+MSM

コンドロイチンは省略しても良いという考え方はカテゴリ3と同じですが、これにMSMを加えるパターンがこのカテゴリ4です。コンドロイチンの効果が最近では少し疑問視されている向きもありますので、将来的にはこの組み合わせが増えてくる可能性もあります。コストパフォーマンス的にも優れていますのでお勧めできます。

 1. Now Foods, Glucosamine & MSM, Vegetarian, 120 Vcaps  CP値 0.53 一日あたりコスト 0.23ドル(26円)

(一日あたり2錠に含まれる配合成分) グルコサミン塩酸塩 1000mg・MSM 1000mg

2錠で服用する場合、グルコサミンの用量がやや少なめですが、そのことを考慮してもコストパフォーマンスに大変優れた製品です 今回ご紹介した全製品中最高のCP値を誇ります。 商品はこちらより

 

以上、グルコサミン&コンドロイチン&MSMを各種ご紹介しました。最後までお読みいただきありがとうございます。今後も注目の製品が登場した場合は随時アップデートしていきますのでお時間のある時にでも再訪いただけると有難い限りです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る