Madre Labs(マドレラブ)の新作DHA/EPA オメガ3 魚油サプリメント ~超人気サプリメントの最新作~

 今日ご紹介するサプリメントはMadre Labs(マドレラブ)の新作DHA/EPA(オメガ3)です。実は新作と言いましても、2014年末には発売されていたものです。ご紹介が大変遅れてしまいました。

Madre Labs, Omega-3 Premium Fish Oil, 100 Fish Gelatin Softgels  5.95ドル(564円)

こちらの製品ですが、大ヒットとなった前作のDHA/EPA(オメガ3)の後継製品となるものです。前作に引き続き、1カプセルあたりEPAが180mg、DHAが120mg含まれています。非常に一般的な成分構成ではありますが、その分、価格はiHerbのDHA/EPA(オメガ3)の中でも最安値近辺に抑えられており、ベーシックな製品を廉価に提供するというコンセプトが明確になっている商品だと思います。

さて、前作とはほとんど変更点が無い本製品ですが、一点だけ変更点があり、カプセルが魚由来のゼラチンカプセルに変更になっています。前作のゼラチンカプセルは明示されていませんが、おそらく豚由来のゼラチンカプセルだったと考えられます。折角の魚油サプリメントですからカプセルも魚由来のほうがなんとなくしっくり来る気がします。あと、日本のユーザの方にはほとんど影響はありませんが、アメリカでは宗教的な事情で魚由来のゼラチンカプセルのニーズがあるようです。

Madre Labs新作フィッシュオイルここから簡単にDHA/EPA(オメガ3)のご紹介になります。体に必要な脂肪酸はオメガ9、オメガ6、オメガ3に分類されますが、このうちオメガ6とオメガ3が体内で生成できない「必須脂肪酸」と言われ、食物から摂 取する必要があるものです。簡単に分類するとオメガ6が肉類、オメガ3が魚類から摂取できる脂肪酸です。オメガ6とオメガ3は体内で代謝される過程が似 通っているために一方の成分が過剰摂取となると、もう一方の成分から本来生成される物質が少なくなり、結果として病気などに繋がると考えられています。ア メリカでは主食にオメガ6が圧倒的に多く含まれているため、不足するオメガ3を補充する目的で、これまでもオメガ3サプリメントの人気がありましたが、欧米型の食生活に近づいている日本人も最近ではオメガ3が不足している傾向にあります。オメガ3を摂取するメリットとして考えられているものとして、DHA は1)中性脂肪値の低下、2)ストレス軽減、EPAは1)中性脂肪やコレステロール値の低下 2)動脈硬化の予防、3)うつ症状の改善、4)中程度の肥満、高血圧の改善、4)免 疫能力の向上などが挙げられます。

ここから製品自体の紹介に戻りまして、日本ではほとんど考えられないケースですが、本商品が発売されているにも関わらず前作のDHA/EPA(オメガ3)も継続して販売されています。2015年8月時点で価格も同じ5.95ドル(564円)となっており、製品の販売経緯などを把握していない消費者にとってはやや紛らわしい状態となっています。おそらく、最終的には前作のDHA/EPA(オメガ3)は多少なりとも値引きなどが入って差別化されていくと考えられますが、本ページでご紹介した新作のほうが製造年が新しく、消費期限なども前作よりも先の日付になっていますので、どちらの製品が選べばよいか判断に迷われる場合はこちらの製品をお求めいただくことをお勧めします。

 iHerbへはこちらからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る