Navitas Naturals Maca Powder ~コストパフォーマンス抜群のマカ~

今日は日本でも大人気のマカをご紹介します。マカはペルー原産の多年生植物で、だいこんやカブと同じアブラナ科の植物です。球根の部分にアミノ酸やミネラルなど多くの栄養を含んでいます。
見た目はすこしカブに似ています。

ペルー本国では普通の料理にも利用されているようですが、外国へは加工された形でしか持ち出せないため、我々が手に入れることが出来るマカはほとんどがサプリメントとしてのものとなります。

マカの効能は更年期障害、冷え性、男性機能など多岐におよび、アメリカではスーパーフード(有効な成分を多量に含む自然由来の食品)などとも呼ばれています。アイハーブでも色々なメーカーから様々な形態のマカが販売されていますが、今日ご紹介するのはこちら。

Navitas Naturals, Organic, Maca Powder, Raw Maca Powder, 16 oz (454 g) 19.98ドル(2246円)

Navitas Naturals社は粉末タイプのスーパーフードを得意とするメーカーで、この分野ではトップメーカーと言って良いかと思います。このメーカーがアイハーブで支持されているのは良心的で品質の良い製品を提供していることはもちろんですが、最大の理由は抜群のコストパフォーマンスです!

ここで、アイハーブのマカ部門で売上一位の「Now Foods, Maca, Raw, 750 mg, 90 Vcaps」とコストパフォーマンスを比較してみます。1000mgあたりのコストに換算してみますと、Now Foodsのマカが約0.2ドル(22円)(1ドル(112円)100円(0.89ドル)として約20円(0.18ドル))に対して、Navitasのマカは約0.04ドル(4円)(1ドル(112円)100円(0.89ドル)として約4円(0.04ドル))であり、その価格差は約5倍に及びます。もう一つ、日本の代表的な製品とも比較してみますと、DHCのマカ30日分は405mgの90錠入りで1620円(14ドル)、これを1000mgあたり換算しますと、約44円(0.39ドル)となりますので、その差は10倍以上となります。かなり円安が進んでいる昨今でこの状況ですので、マカに関してはアイハーブのコスト競争力はかなり強い状況ですね。納得してお買い上げいただけるのではないかと思います。

さて、次にこちらのマカの摂取の方法です。一般的に冒頭でご紹介した”スーパーフード”はサプリメントと食品の中間的な位置づけとされていますので、その中には食品としても十分においしく、料理に混ぜて利用できるものもありますが、このマカはサプリメントとして割り切っていただく必要がありそうです。理由はそのお味・・・これが何とも表現しにくい味で、お世辞にも美味しくはありません。慣れてくると水と一緒に飲めなくはありませんが、最初のうちはジュースなどと一緒に飲んでいただくことをお勧めします。これだけコスパに優れる本商品がなぜアイハーブの売り上げ一位になれないかというのはおそらく粉末タイプで、摂取しにくいことが原因と考えられます。どうしても、味が我慢できないという方には先ほどもご紹介したカプセルタイプのマカをお勧めします。

Now Foods, Maca, Raw, 750 mg, 90 Vcaps 14.01ドル(1574円)

さて、今回ご紹介した製品以外にもNavitas Naturals社は本当に魅力的な製品が多く、はずれがあまりありませんので、他にも気になる製品がありましたら、一度お試しいただければと思います。

Navitas Naturals 製品一覧

iHerbへはこちらからどうぞ。
TET397
お会計の際にクーポンコードTET397を「Apply Coupon Code」欄に入力していただければ40ドル(4496円)以上のお買い上げで$10(1124円)オフになります。(40ドル(4496円)以下の場合は$5(562円)割引となります。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る