Queen Helene Mint Julep Masque ~角栓除去の決定版~

今日はQueen HeleneのMint Julep Masqueのご紹介です。いわゆるクレイパックと言われるフェイスパックで、日本だとガスールが有名ですね。

こちらの商品、オイリー肌の皮脂過剰分泌抑制やニキビ予防に効果があります。持続して使用することで肌のきめが細かくなり、黒ずみも見えなくなってくるというもの。・・と、至って一般的な内容ではありますが、アメリカでは1930年!?からの大ベストセラーということで安心感はあるかと思います。また、この商品の大きな売りとして安い!ということがあります。227g入っていて、わずか3.97ドル(330円)!日本だと考えられないお値段で、気軽に使えることは間違いありません。

使用方法ですが、加工せずにすぐに使えるタイプですので、そのままお肌の気になる部分に塗るだけです。よほどのオイリー肌でない限りTゾーンだけでも大丈夫かもしれません。塗った後は5~15分ほど放置してぬるま湯で洗い流す。これだけです!ただ、お部屋の中でつけていると数分もしないうちに乾燥してパリパリになってしまいますので、お風呂で利用されたほうがよいかもしれません。使用感ですが、付けている間は肌を締め付ける感じがありますが、洗い流した後は特にヒリヒリするといったことはありませんでした。あと、歯磨き粉とニキビ治療薬を混ぜたような匂いがします。

さて、ここまでが一般的な使い方ですが、こちらの商品には別の使い方もあります。それはズバリ角栓除去!です。ただ、そもそもこちらの商品の目的が、継続的に使用する事によって角栓含めお肌をきれいにします!・・ということですので、それまで気長に待てる方には冒頭で書いた使い方を続けていただければ問題ありません。(ビフォーアフターのイメージはこんな感じ・・)

一方、今すぐに角栓を何とかしたいという方もいらっしゃるかと思いますので、そんな時にはこちら・・

そう!ビオレの毛穴すっきりパックです。この毛穴すっきりパックですが、これだけで使うよりも下準備をしておいたほうが角栓が良く取れるのはご存知の方はご存知かと思います。メジャーなところではオロナインパックが有名です。要は肌を柔らかくして、角栓が取れやすい状態にする事が大事な訳ですが・・・Mint Julep Masqueはオロナインパックよりもさらに優秀のように見えます。こちらでパックした後に洗い流すと、角栓がバッチリ立っているのが目に見えて分かります。その後に毛穴すっきりパックを使うと、面白いように角栓が取れますので一度お試しください。

それで・・毛穴すっきりパックは鼻の中央部分に対しては非常に効果的ですが、きれいに密着できない部分、例えば鼻のサイドラインや眉間の部分では思ったように取れないという経験をお待ちの方も多いのではないでしょうか?そこで次に登場するツールがこちら・・

そう!パナソニックのスポットクリアです。こちらも毛穴すっきりパックと並んで定番のツールではありますが、口コミサイトなどをみると吸引力が弱い、思ったように角栓が取れないという書き込みがチラホラ見られます。私もオロナインパックとこちらのスポットクリアを組み合わせてもあまり思ったように角栓が取れないので、一時期お蔵入りしていたのですが、Mint Julep Masqueでしっかりパックした後ではどうかと思い、これを試してみたところ・・・これが角栓が面白いように取れるわ、取れるわでビックリしました。特にこれまで毛穴すっきりパックで角栓が思ったように取れてなかった部分で効果が顕著に出ていました。スポットクリアは安いものですと2000円(18ドル)台からありますので、一度お試しいただければと思います。(注 角栓除去はお肌を傷める場合がありますので、お肌の調子を見て、やり過ぎにはご注意ください)

またクレイパックの更に本格版で↓の商品などもあります。

・Aztec Secret, Indian Healing Clay
・Now Foods, Solutions, European Clay Powder

これらはクレイが粉末になっている製品で、このままでは使用できず、水やオイルなどを混ぜて使用する必要があり、一手間掛かりますが、コストパフォーマンスではMint Julep Masqueよりも更に上を行きますので、あわせてご検討ください♪

iHerbへはこちらからどうぞ。
TET397
お会計の際にクーポンコードTET397を「Apply Coupon Code」欄に入力していただければ40ドル(4400円)以上のお買い上げで$10(1100円)オフになります。(40ドル(4400円)以下の場合は$5(550円)割引となります。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る