iHerbオメガ3(EPA/DHA)完全購入ガイド 主要製品を簡単比較でご紹介(2017年8月時点)

iHerbオメガ3(EPA/DHA)完全購入ガイド 主要製品を簡単比較でご紹介 2017年8月時点

アメリカでも日本でも最も人気の高いサプリメントの一つがオメガ3(EPA/DHA)ですが、皆さんいつもどのように製品選択されていますでしょうか?意外に製品選択が難しいと感じている方が多いのではないかと推察します。と言いますのもiHerbのオメガ3カテゴリを見ると、製品間での価格のばらつきが大きい、その割には一見して成分の配合量に大きな差があるようにも見えない・・・結果として何を買ったらよいかいまひとつピンと来ないといった感想を持たれているケースがそれなりに多いのではないかと思います。そこで、売れ線の製品、あるいは安心感のあるブランド、またはとにかく安さにこだわって・・など独自の基準で製品選択されていないでしょうか。

日本では厚生労働省が一日あたりのオメガ3の推奨摂取量を1gとするなど、摂取量が重要視されています。もちろん摂取量も製品選択の基準の一つではありますが、用量はオメガ3サプリ選択の最も重要な基準とはなりません。では何が重要な基準かといいますと、オメガ3(EPA/DHA)サプリで品質の高低を決める大きな要素はEPA/DHAの純度です。これは全体の魚油に対して占めるEPA/DHAの割合と言い換えることもできます。例えば魚油1000mgに対してEPA/DHAが300mg含まれていれば純度30%、EPA/DHAが500mg含まれていれば純度50%となります。なぜ高い純度が必要かと言いますと、純度の高いサプリメントほどEPAの血中濃度が高まり、結果として中性脂肪やコレステロールの減少、動脈硬化の予防に効果があることが判明しています。

では、純度の高いオメガ3サプリほど少ない用量で多くのEPA/DHAが摂取できますが、純度の低いオメガ3サプリでも、用量を増やせば結果として同じだけのEPA/DHAを摂取できるのではないかと考える方もおられると思います。例えば純度30%のサプリメントを2倍服用すれば、摂取量としては純度60%のサプリメントと変わらないということになります。それはその通りですが、結果として全く同量のEPA/DHAを服用しても、純度の低いオメガ3サプリを用いた場合、EPAの血中濃度は純度の高いオメガ3サプリを用いたほど増えず、しかも純度が低ければ低いほど効率が悪いことも判明しています。逆に言うと、純度が高くなればなるほど加速度的に効率よくEPAを体内に取り込むことが可能です。

結論として製品評価のポイントとしては以下の3点ではないかと考えます。この評価基準に基づいて製品をご紹介していきたいと思います。

お買い物の際には常時5%割引となるクーポン「TET397」をご活用ください。詳細はこちらでご確認をお願いいたします

  1. EPA/DHAの純度
    こちらについては上述の通りです。
  2. EPA/DHAの配合割合
    DHAは用量を増やしても血中濃度が大きく増えないことが分かっています。また薬効もEPAほどはっきりしていません。したがってEPAとの配合割合としてはEPA2に対してDHA1程度、あるいはそれ以下が好ましく。用量は1錠あたり最大200mg程度で十分と思われます。
  3. コストパフォーマンス
    1.2.を踏まえたうえでのコストパフォーマンスです。

2017年8月16日最終更新。

(注)評価等は当サイト管理者の独断と偏見によるものですので最終的な製品購入のご判断はユーザ様ご自身で行ってください。

<カテゴリー1> EPA/DHA純度30%前後の商品

 このカテゴリの商品はオメガ3サプリとしてはエントリークラスの商品で、どちらかというと健康な方向き、予防的な用途で用いることを想定されています。1000mgの魚油に対してEPAが180mg、DHAが120mg含まれているパターンが多いです。配合割合をとって「18/12」とも呼ばれることがあります。

 1. Now Foods, Omega-3, Cardiovascular Support, 200 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0129ドル(1円)  ・1錠あたりEPA 180mg、DHA 120mg ・腸溶性なし

NOW社のオメガ3エントリー向け商品です。EPA/DHA100mgあたりのコスト換算をご覧いただければお分かりの通り、このクラスで頭一つ抜けたコストパフォーマンスを提供してくれる製品です。iHerbでも長年ベストセラーとして売れ続けており、安心できる製品の一つです。 商品はこちらより

 2. Natrol, Omega-3 Fish Oil, Lemon Flavor, 1000 mg, 150 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0161ドル(2円)  ・1錠あたりEPA 180mg、DHA 120mg ・腸溶性なし

Natrolの「18/12」です。コストパフォーマンスも良く、この価格帯の製品としては珍しく魚臭さを和らげるためにレモン風味の加工がなされています。サプリメントとしての品質には関係ありませんが、ユーザにとっては間違いなく有難い配慮だと思います。おすすめです。 商品はこちらより

 3. Madre Labs, Omega-3 Premium Fish Oil, 100 Fish Gelatin Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0199ドル(2円)  ・1錠あたりEPA 180mg、DHA 120mg ・腸溶性なし

iHerbのプライベートブランド「Madre Labs」のオメガ3です。第三者機関の品質検査を受けており、安心して服用できる製品です。2017年5月現在、iHerbのオメガ3部門で 売上No.1の商品です。当サイト管理人である私も一世代前の製品を含めて何度もリピートして購入しました。エントリークラスの商品のため、何か劇的な効果があるわけではありま せんが、副作用もなく予防的な効果が期待できる健康食品としては優秀な商品だと思います。EPA/DHA100mgあたりの価格は1~2位の製品に劣りますが、1~2位の製品と比較すると少量のため、結果として、パッケージの価格としては5.99ドル(658円)とオメガ3サプリメントとして最安値クラスである点も好印象です。また、このクラスの他の製品と違ってカプセルに遺伝子組み換えした原材料(Non-GMO)を使用していません。 商品はこちらより さらに詳しい関連レビューはこちらより

 4. 21st Century Health Care, Fish Oil, Omega-3, 1000 mg, 300 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0141ドル(2円)  ・1錠あたりEPA/DHAあわせて 300mg ・腸溶性なし

エントリークラス向けのオメガ3サプリメントの中でも最廉価に近い商品です。ただ、EPAとDHAの配合割合が明記されいないなど、品質に一抹の不安を感じるのは否めません。例えば割安なDHAの配合割合を高めにするなど原価を下げるための品質調整を行っている可能性はあります。(EPA/DHAあわせて300㎎と記載されているのでEPAがほとんど含まれていなくても偽りではありません)ただ、250を超えるiHerbユーザのレビューを見ているとネガティブなコメントはほとんどないので相対的に良い商品であろうと考えられます。 商品はこちらより

 5. Nature Made, Fish Oil, 1200 mg, 300 Liquid Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0244ドル(3円)  ・1錠あたりEPA 180mg、DHA 120mg ・腸溶性なし

日本ではポピュラーなネイチャーメイドの「18/12」です。天然の魚を原料にしているようです。コストパフォーマンスも決して優れているとは言えず、また1~4位の製品と比べると大容量で、結果としてパッケージあたりの値段が高くなっているので敷居が高い印象です。 商品はこちらより

 6. MRM, FreshOmega, Pure Extra Virgin Norwegian Salmon Oil, 90 Pesco-Veggie Softgels   

  ・1日あたりのコスト 0.141ドル(15円)  ・1錠あたりオメガ3全体で175mg ・腸溶性なし

1~5位までの製品とは少し趣を異にする商品です。1~5位までの製品は製品化された後のDHA/EPAの配合量を重視していますが、こちらの商品は製品化されるまでのプロセスを重視している製品です。簡単に言うと食事で魚料理を食べるように、自然な形で魚の栄養を摂取することを目的にしているのでDHAやEPAの配合量などスペック的な要素はあまり重視されていません。ノルウェー産の鮭を収穫後、わずか数時間で製品化されるようです。その製造過程でも溶解などを避け、なるべく自然な形を保ったまま製品化されるため体に栄養が摂取されやすいということのようです。アメリカでは天然の魚をなるべく自然な形で摂取する事が良いという考え方が一定の支持を集めており、この製品はそれらの中では一番安価な製品です。日本では手に入らないタイプのオメガ3となりますので気になった方は一度お試しいただいてもよいかもしれません。 商品はこちらより

 <カテゴリー2> EPA/DHA純度50%以上の商品

このカテゴリの商品は中性脂肪やコレステロールの値が少しだけ悪くなりつつある方にお勧めできます。1000mgの魚油に対してEPAが300mg、DHAが200mg含まれているパターンが多いです。配合割合をとって「30/20」とも呼ばれることがあります。

1. Life Extension, Omega Foundations, Mega EPA/DHA, 120 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0208ドル(2円)  ・1錠あたりEPA 350mg、DHA 250mg ・腸溶性なし

Life Extensionのオメガ3です。配合割合はEPA/DHAが「35/25」で純度は60%となります。本カテゴリーの中では高品質ですが、価格は納得感のある安価に抑えられています。かなりバランスが良い商品です。ブランドの信頼感も抜群で、このカテゴリーの中では特におすすめできる商品です。 商品はこちらより

 2. Jarrow Formulas, EPA-DHA Balance, 240 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0176ドル(2円)  ・1錠あたりEPA 300mg、DHA 200mg ・腸溶性なし

Jarrow Formulasの「30/20」です。EPA/DHA100mgあたりのコスト換算をすると、上で記載した下位クラスの「18/12」と比べてもほとんど差がなく、実はかなりお得な製品です。iHerbでも爆発的な人気こそありませんが、常に売上上位に顔を出す製品です。なお120錠入りのパッケージもありますが、すこしコストパフォーマンスが悪くなります。 商品はこちらより

 3. Life Extension, Omega Foundations, Super Omega-3, 120 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0333ドル(4円)  ・1錠あたりEPA 350mg、DHA 250mg ・腸溶性なし

1位で挙げた「Mega EPA/DHA」と魚油の成分は全く同じですが、こちらにはセサミンとポリフェノールが入っています。iHerbではEPA/DHAとセサミン&ポリフェノールを組み合わせた成分はほかにありませんので、ユニークな配合ですが、国内ではサントリーが同じくEPA/DHAとセサミンを組み合わせた製品を販売しています。ただ、サントリーの製品は非常に高額ですし、EPA/DHAの配合量はこちらの製品とは比較にならないほど少ないので、セサミンも同時摂取されたい方にはこちらの製品がお勧めできます。また、こちらの製品はEPA/DHAの国際機関であるIFOSの認可を受けた商品でもあります。若干コストが上がりますが、腸溶性カプセルのバージョンも販売されています 商品はこちらより

 4. Carlson Labs, Super Omega·3 Gems, Fish Oil Concentrate, 1000 mg, 100 Soft Gels + Free 30 Soft Gels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0228ドル(3円)  ・1錠あたりEPA 300mg、DHA 200mg ・腸溶性なし

魚油サプリメントの老舗ブランドCarlson Labsの製品です。アメリカではCarlson Labsはかなりネームバリューのあるブランドです。このカテゴリーの中で価格とスペックのバランスが良く、さらにブランドの信頼感もあいまって、常にオメガ3サプリメント部門の売上上位に顔を出す人気商品です。こちらの製品もIFOSの認可を受けた商品です。 商品はこちらより

 5. Natural Factors, Rx Omega-3 Factors, 630 mg, 240 Softgels

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0267ドル(3円)  ・1錠あたりEPA 400mg、DHA 200mg ・腸溶性なし

iHerbがプライベートブランドのオメガ3サプリメントを発売するまではキャンペーンなどでかなり積極的に推奨されていた商品で、今ではそれほどでもありませんが、5年ほど前までは常にオメガ3サプリメント部門の売上上位に位置していました。その名残でレビュー数が2300を超えるいわゆる定番商品です。こちらの製品は「40/20」ですが、1200mgに対してEPA/DHAが600mg含まれるので純度は50%です。なお120錠入りのパッケージもありますが、すこしコストパフォーマンスが悪くなります。 商品はこちらより

 

 <カテゴリー3> EPA/DHA純度75%以上の商品

このカテゴリの商品は病院に行くほどではなくても、中性脂肪やコレステロールの値をすぐに減らしたい方へお勧めの商品です。一部には医薬品に近い品質を持つ製品もある高機能カテゴリです。

 1. Now Foods, Ultra Omega-3, 180 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0183ドル(2円)  ・1錠あたりEPA 500mg、DHA 250mg ・腸溶性あり

本品は全カテゴリを通じてベストの商品ではないかと思います。「50/25」で純度75%ながら、オメガ3のミリグラム単価はエントリークラス商品同等という高いコストパフォーマンスを誇ります。また腸溶性カプセルも採用しています。なお、公称純度75%ですが、実際に成分分析してみると純度92%だったという報告もあります。(魚油1020mgに対してEPA650mg、DHA290mg) 商品はこちらより  さらに詳しい関連レビューはこちらより

 2. Madre Labs, Omega 800, Pharmaceutical Grade, German Processed, 1000 mg, 30 Fish Gelatin Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0375ドル(4円)  ・1錠あたりEPA 480mg、DHA 320mg ・腸溶性なし

2015年の秋に入ってから、iHerbのプライベートブランド「Madre Labs」が高級ラインを展開してきました。この製品はそのうちの一つで、1錠あたり1000mgの魚油に対してEPAが480mg、DHAが320mg含まれており、公称では純度80%の製品という事になっています。しかし一方で、第三者機関による品質検査も受けており、それによると1000mgの魚油に対してEPAとDHAが合わせて904mg含まれており、実際は純度90%と最高クラスの品質を誇る製品です。製品名(Pharmaceutical Grade)にもあるように医療品同等のレベルにある製品としては最もコストパフォーマンスに優れた製品の一つです。さらに現在、他の商品と同時に購入することで50%の割引が適用になり大幅にコストパフォーマンスが良くなります。おそらく期間限定ということになると思いますが、この合わせ買いを利用できる場合はこのカテゴリの中で最もコストパフォーマンスに優れた製品となります。 商品はこちらより 

 3. Carlson Labs, Elite EPA Gems, 1000 mg, 120 Soft Gels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0329ドル(4円)  ・1錠あたりEPA 1000mg ・腸溶性なし

iHerbで入手できるオメガ3のうちで最高級品の一つです。その割には比較的コストパフォーマンスが良く、加えて製造メーカーも信頼感の高い老舗メーカーということで、とにかく高機能なオメガ3がほしいと考えている方には最良の選択ではないかと思います。1錠あたり1013mgの魚油に対してEPAが1000mg含まれており、純度はほぼ100%の製品です。日本であれば第一類医薬品に相当するレベルですが、値段は約5分の一です。パッケージが120錠入りしかなく、一回あたりの購入コストが高額になってしまうのが玉に瑕です。 商品はこちらより

 4. Now Foods, DHA-500, Double Strength, 180 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0133ドル(1円)  ・1錠あたりEPA 250mg、DHA 500mg ・腸溶性あり

1位に挙げたUltra OmegaとEPA/DHAの配合率を逆転させた商品です。なんとEPA/DHAの用量単価で下位カテゴリのほとんどの製品よりも安価という素晴らしいコストパフォーマンスを実現した商品です。ただし、DHAの配合量を増やすことで純度がかさ上げされており、一方でEPAの配合量が少ないのでこのカテゴリの他の製品と比較すると中性脂肪を減らす効果は劣ると見られます。純度75%ですが、本来は純度50%か純度30%のカテゴリで比較検討されるべき商品ではないかと思います。少なくとも、一つ言えることは全ての純度30%の製品よりははるかに費用対効果に優れた製品であるということです。 商品はこちらより

 5. Solgar, Omega-3 EPA & DHA, Triple Strength, 950 mg, 100 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0328ドル(4円)  ・1錠あたりEPA 504mg、DHA 378mg ・腸溶性なし

全体の魚油に対するEPA/DHAの純度は92%です。このスペックだけで見ると医薬品レベルで、かつお値段もリーズナブルなのですが、成分内訳をみると DHAの配合を多くすることで製造原価を下げていることがわかります。実質的には1.のUltra Omega3と同等レベルの品質と考えられます。ただし、Ultra Omega3と比べるとコストパフォーマンスでかなり見劣りするので、今のところあえてこの製品を選択する必要性が見当たりません。今後値段が下がってき たら、品質は高いレベルにあるので、かなり競争力の高い製品だと思います。 商品はこちらより

 6. Minami Nutrition, MorEPA Platinum, Omega-3 + D3, Orange Flavor, 60 Softgels   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0711ドル(8円)  ・1錠あたりEPA 756mg、DHA 228mg ・腸溶性なし

1 錠あたり1100mgの魚油に対してEPA/DHAが984mg含まれており、純度89%の製品です。高級品ですが、それに応じた結果も期待できそうです。ただ、競合となる2~3位の製品と比べてコストパフォーマンスが悪すぎるので、単純なコスト比較で考えると継続的に使用することは難しいかもしれません。 商品はこちらより

 7. Thorne Research, Super EPA Pro, 120 Gelcaps   

  ・EPA/DHA100mgあたりのコスト 0.0845ドル(9円)  ・1錠あたりEPA 650mg、DHA 100mg ・腸溶性なし

医療関係者も推奨する”プロフェッショナルブランド”としてブランドに対する安心感は抜群のThrone Researchのオメガ3です。純度75%でEPA重視の配合となっており良い製品です。ただし、見ていただいた通りコストパフォーマンスが非常に悪いので、コスパよりも品質を特に重視する方にお勧めできます。 商品はこちらより

以上、オメガ3(EPA/DHA)サプリメントを各種ご紹介しました。最後までお読みいただきありがとうございます。今後も注目の製品が登場した場合は随時アップデートしていきますのでお時間のある時にでも再訪いただけると有難い限りです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る